βテスト直前!今一度確認しておきたい操作 第五回「操虫棍」【モンハン:ワールド】

皆さんこんにちは。

今回は操虫棍の操作を確認していきます。

 

企画概要

rouno.hatenablog.com

基礎知識 -導虫-

f:id:Rouno:20171128163531j:plain

モンスターは導虫というガイドを使って発見することが出来ます。

導虫はモンスターの痕跡だけでなくアイテムにも反応するため、モンスターの追跡のみを目的とする場合、上記画像の様な足跡などのみをチェックしていきましょう。

また、導虫のガイドは目的のモンスター以外にもセットすることが出来ます。

マップ上でガイドとしたいモンスターアイコンにカーソルを合わせ、ボタンを押すことでガイド先を変更します。

今作のフィールドはとても広いので、導虫を積極的に活用しましょう。

 

操虫棍で確認したい操作

f:id:Rouno:20171202144457j:plain

f:id:Rouno:20171202150324j:plain

L2を虫関連、R2を跳躍関連に使用する操作です。

L2の方では分かりやすいように、正式名称ではない技名にしてあります。

 

虫飛ばし(L2+△)

操虫棍の要とも言えるエキス回収はこの操作で行います。

今作は虫を飛ばす方向を正確に定められるので、かなりエキス回収がやりやすかったです。

正式名称は「猟虫【エキス採取】」です。

 

虫回収(L2+〇)

飛ばした虫を回収する操作です。

正式名称は「猟虫【虫寄せ】」です。

 

跳躍(R2+✕)

空中へジャンプするアクションです。こちらはR2を使用します。

画像は記載しませんでしたが、R2+✕で跳躍後、様々なアクションが可能です。

特に✕で繰り出せる新アクションの空中回避はとても便利です。

 

 

<前回:スラッシュアックス編>

 

<次回:大剣編>

 

 

※間違っている部分などありましたら気軽にご指摘ください。

より詳しい操作

f:id:Rouno:20171202144523j:plain

参考動画

www.youtube.com

www.youtube.com

 

rouno.hatenablog.com

f:id:Rouno:20171202150822j:plain